ホーム>会社案内TOP>会社沿革

三井埠頭(株)会社案内

 
 沿革

1928
昭和 3年
・三井物産株式会社川崎港務所として創業
1945
昭和20年
・戦時統制令により川崎埠頭株式会社となる(設立)
1952
昭和27年
・川崎埠頭株式会社の商号を三井埠頭株式会社に改称  
1962
昭和37年
・旧小野田セメント株式会社との提携による、
 セメントサービスステーション業務開始
1983
昭和58年
・富士重工株式会社、三井物産株式会社等5社により
株式会社東扇島物流センターを設立
1987
昭和62年
・本社構内、ドック埋立、南桟橋新設工事完成、
 アンローダー1号機設置
1997
平成 9年
・新定温倉庫完成
2001
平成13年
・第一期防風壁
2002
平成14年
・第二期防風壁完成
・関東アッシュセンター竣工
・太平洋セメント株式会社の完全子会社となる 
2008
平成20年
・第三期防風壁完成
・T置場拡張、南桟橋延長工事完成、アンローダー2号機設置、
シップローダー2基設置